アラサー独身女性はお酒好き!?リアルタラレバ女子のライフスタイルが明らかに!
bdb 自主調査レポート

アラサー独身女性はお酒好き!?リアルタラレバ女子のライフスタイルが明らかに!

アラサー独身女性はお酒好き!?リアルタラレバ女子のライフスタイルが明らかに!

累計発行部数が300万部を超える人気漫画作品「東京タラレバ娘」をご存じですか? この漫画の主人公は、「~できたら」「~すれば」と嘆いてばかりのアラサー独身女性3人です。鋭い視点でリアルに描かれるストーリー展開が、同じアラサー世代の女性から多くの共感を呼び、2017年には実写ドラマ化もされ話題になりました。

今回は、2016年12月ブランドデータバンク第24期調査回答者(マクロミルモニタ)から30~34歳の女性(サンプル数:1504ss)を抽出。その中から、未婚で一人暮らしの女性(有職者に限定)を「タラレバ女子(サンプル数:181ss)」と定義。リアルタラレバ女子たちのライフスタイルを同世代の女性全体(文中では女性_30-34歳と表記)と比較分析しました。

TOPICS

タラレバ女子は年収が高めで、自分のために使えるお金がある

一人暮らしで職を持つタラレバ女子ですが、どのくらいの収入を得ているのでしょうか。
タラレバ女子は年収を「400万円以上~600万円未満」と回答した人が32.0%で、女性_30-34歳よりも15.5ポイント高く、「200万円未満」は25.5ポイント低くなりました。 平均個人年収(有職者のみ)は、女性_30-34歳(251万円)と比較して、336万円(+85万円)となっています。

また、「1ヶ月に自由に使える金額」を尋ねたところ、女性_30-34歳は「1万円~2万円未満」が最も多くなりましたが、タラレバ女子は「3万円以上~5万円未満」が最も多いことが分かります。 女性_30-34歳の平均金額が2.51万円に対して、タラレバ女子は3.49万円と0.98万円の差が出ました。

タラレバ女子は年収が比較的高めで、一人暮らしをしながらも自分のために自由に使えるお金も多く、自立した生活を送っているようです。

●個人年収

ベース:有職者(職業の設問で学生、専業主婦、無職以外と回答した人)
個人年収

●1ヶ月に自由に使える金額

ベース:30-34歳の女性全体
1ヶ月に自由に使える金額

なお、タラレバ女子は「関東地方」に住んでいる人の割合が42.5%で、女性_30-34歳よりも6.9ポイント高くなっています。

落ち込まず、切り替えて行動する前向き志向

次にご紹介したいのは、タラレバ女子が自分自身の「パーソナリティ価値観」を回答した結果です。

女性_30-34歳と比較して「ひとつのものを深く掘り下げて考えたり行動するのが好きだ」、「自分は考える前に行動するタイプだと思う」と回答した人の割合が高く、「目標や計画に対し、キチンと対処・遂行しないと気が済まない方だ」、「一度ふさぎこむと、その気持ちを長くひきずってしまう方だと思う」、「物事は完璧にやり遂げないと気が済まない方だ」という項目は低いことが分かりました。 タラレバ女子は物事を深く考え掘り下げる傾向にありながら、すべてに全力で対応する完璧主義ではなく、程よく加減をしながら行動し、上手に気持ちを切り替えているようです。

今回の分析結果から、タラレバ女子が気持ちを切り替えて行動するための原動力がいくつか明らかになりましたので、合わせてご紹介していきます。

●パーソナリティ価値観

ベース:30-34歳の女性全体
パーソナリティ価値観

趣味や習い事を充実させるタラレバ女子は、オン・オフの切り替え上手!

年収が高めで、自由に使えるお金も多いタラレバ女子は、どんなことにお金を使っているのでしょうか。

月の行動に使用する平均金額を尋ねたところ、「習い事(趣味)」が9,570円で、女性_30-34歳よりも2,235円多くなっています。

その他、「店頭での化粧品の購入」、「オンラインでの化粧品の購入」、「外食」、「自己啓発(資格取得・セミナー参加など)」に使う金額が女性_30-34歳よりも多いことが分かりました。

●月の行動に使用する平均金額

ベース:1ヶ月に1回以上行動している人
月の行動に使用する平均金額

趣味に関しては、「音楽鑑賞」、「読書」、「映画鑑賞」など一人で楽しめるものに加え、「海外旅行」などのスコアが女性_30-34歳より高くなっています。

●趣味

ベース:30-34歳の女性全体
趣味

これらのデータから、タラレバ女子は化粧品や習い事、自己啓発など、主に自己投資にお金をかけることが多い傾向にあるようです。習い事や日常から離れた世界に没頭できる趣味などにお金と時間を使い、オン・オフを上手に切り替えていることが分かります。

少人数で気ままに楽しみたいタラレバ女子

購買行動価値観の回答結果で特徴的なのは、「多人数で出かけて楽しむことが好きだ」が女性_30-34歳より6.4ポイント低く、「人出の多いところはあまり好きではない」、「基本的に、外出するのはあまり好きではない」が逆に高いことです。

タラレバ女子はあまり外出せず、休日は読書や映画鑑賞などインドアな趣味を家で楽しんでいるようです。出かける際も多人数で過ごすことを好まず、気の合う友人と少人数で過ごしている様子が窺えます。

●購買行動価値観

ベース:30-34歳の女性全体
購買行動価値観

タラレバ女子の7割はお酒を飲むことが好き!

飲酒有無について尋ねたところ、「飲酒する」と回答したタラレバ女子は70.7%で、女性_30-34歳と比べて19.0ポイント高く、タラレバ女子の7割がお酒を飲むという大きな特徴が分かりました。

●飲酒有無

ベース:20歳以上の人
飲酒有無

興味関心の回答結果でも、「日本酒・焼酎」と回答した人の割合が10.5%、「ワイン・ウイスキー・洋酒」、「ビール類・チューハイ」がそれぞれ8.3%と、お酒に関する項目すべてにおいて女性_30-34歳のスコアより高い結果となりました。

お酒への興味関心が高いようですが、特に「日本酒・焼酎」が女性_30-34歳よりも5.1 ポイント高いのが特徴的でした。

●興味関心のあること

ベース:30-34歳の女性全体
興味関心のあること

タラレバ女子は、「外食」に使用する平均金額や「外食・グルメ」への興味関心度が女性_30-34歳とさほど差がないことから、外食はするものの、リッチな雰囲気のお店や高級グルメなどにはそれほどこだわりがないと分析できます。

日本酒や焼酎は、予算の高いお店で提供されますが、大衆居酒屋などでも多く提供されており、気軽に楽しむことができます。居酒屋で気の合う友人と好きなお酒を飲むことで、タラレバ女子は日頃のストレスを発散し、オン・オフを切り替えできているのかもしれません。

タラレバ女子は情報収集に時間をかけない

では、次にタラレバ女子が情報収集のためにどのようなメディアを利用しているかを分析しました。

メディア価値観のデータでは、「駅構内に貼ってあるポスターや広告」、「電車やバスなどの車内広告・車体ペイント広告」、「街頭ビジョンや街頭モニター・ディスプレイ」、「ビルの看板やネオンなどの屋外広告」が女性_30-34歳のスコアより5ポイント以上高くなっています。

タラレバ女子は、外出した際の移動中に、自然と自分の視界に入ってくるものから気になる情報や必要な情報だけをパッと拾っているのかもしれません。

●メディア価値観(基本メディア)

ベース:30-34歳の女性全体
メディア価値観(基本メディア)

また、「店員の紹介・説明」など、購入時に得た情報も信頼する傾向にあることも分かります。
普段利用している情報サイトでは、「Yahoo!JAPAN」、「NAVERまとめ」、「@cosme」といったサイトが挙がりました。万人が利用している大手サイトや、他人の情報で構築されているサイトを好んでいるようです。

タラレバ女子は、自ら積極的に情報収集するというよりも、自然に入ってくる情報や他人が調べた情報から時間をかけずに自分のためになる情報だけを得ていることが分かります。

●【PC利用】普段利用している情報サイト

ベース:30-34歳の女性全体
【PC利用】普段利用している情報サイト

都心でのライフスタイルを好み、働くことに高いプライドを持つ

趣味や興味関心から、自分の世界を大切にしていると判断できるタラレバ女子ですが、都心でのライフスタイルを好む傾向にあるという結果も出ています。

タラレバ女子の住みたい街は、「恵比寿」、「目黒」、「中目黒」など東京副都心に位置する街、よく遊びに行く街では、「新宿」、「有楽町」、「なんば」、「天神/西鉄福岡」などの繁華街が複数挙がりました。

百貨店で「月に1回程度」買い物をしているというスコアは、女性_30-34歳と比較して7.5ポイント高くなっています。 よく利用する百貨店は、新宿の「伊勢丹」や梅田の「阪急百貨店」、福岡天神の「大丸」など、都心に位置する店舗です。

●百貨店・デパートの利用頻度

ベース:30-34歳の女性全体
百貨店・デパートの利用頻度

また、生き方価値観では「大都市で生活し働きたいと思う」と回答した人の割合が、女性_30-34歳と比較して10.1ポイント高く、「地元で生活し、働くのに抵抗はない」は14.9ポイント低くなりました。

さらに、「今の自分の社会的地位を維持し、さらに高めることに力を注ぎたい」も女性_30-34歳と比較して9.3ポイント高く、仕事における上昇志向が高いことも読み取れます。

●生き方価値観

ベース:女性_30-34歳(n=1504)
生き方価値観

一方で、「自分の将来について漠然とした不安を感じることがある」と7割が回答しています。「自分の将来は順風満帆だと思う」も、女性_30-34歳のスコアと比較して6.9ポイント低くなっています。

興味関心のあることで「恋愛・結婚」という回答が多かったことも踏まえると、タラレバ女子たちは都会で「自分らしさ」を追求しつつ、プライドを持って仕事をしていますが、同時に仕事面・恋愛面でも悩みを持ち、現状を変えたいと思っているのかもしれません。

まとめ

今回の分析結果から、リアルタラレバ女子は「仕事とプライベートの切り替えが上手で、お酒を飲むことが好きな向上心高き都会派アラサー」であることが分かりました。

タラレバ女子のライフスタイルは

  • 習い事や趣味など、自分の好きなことにお金と時間をかけている
  • 都市部での生活スタイルを望み、社会的地位や仕事にプライドを持っている
  • 恋愛や結婚への興味関心が高い
  • 休日は自宅でゆっくり過ごす傾向にあるが、日常から離れた世界に没頭することを好み、海外旅行や外食を親しい友人と少人数で楽しむ
  • お酒が好きで、よく日本酒や焼酎を飲む

といえます。

タラレバ女子は、さまざまな悩みを抱えながらも都会でプライドを持って働き、自分の趣味に浸り、気兼ねなく話せる限られた友人と好きなお酒を飲むことで、バランスを保っているのでしょう。

他にもこんなデータを掲載しています!
記事でご紹介したもの以外にも、さまざまな設問を聴取しています。
詳細はレポートに掲載していますので、無料ダウンロードしてご覧ください。
その他の項目
  • 自宅で所有している理美容・健康家電
  • 最も投稿しているSNSへの反応数
  • 流通チャネル別利用頻度データ
  • 美容やメイクに関する価値観
  • 持っていてお気に入りの服

・・・など

調査概要及び抽出条件、詳細データは各レポート内に記載しています。
以下よりダウンロードしてご確認ください。

サービスに関するお問い合わせ

データベースの導入検討、プロファイルのお見積りなどお気軽にお問い合わせください。
お客様専任の担当者よりご連絡いたします。

tel: 03-6716-0715

【電話受付時間】平日10時~19時